永遠の0


百田尚樹の小説が原作。軍師官兵衛も岡田准一主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの山崎貴監督のメガホン。司法試験に落ち続けて人生迷走中の青年・佐伯健太郎と、姉のフリーライター慶子は、実の祖父だと思っていた賢一郎とは血縁になく、本当の祖父は太平洋で特攻により戦死した宮部久蔵であることを知ります。本当の祖父久蔵を調べると、当時日本軍においても指折りの凄腕パイロットでありながら、生にたいして人一倍強く執着した人物像が明らかに。元戦友たちの証言から祖父の実像やなぜ自ら特攻に志願したかが明らかになっていき、やがて戦後語られることのなかった封印されてきた事実があきらかに。今の時期これを改めてみるとどうしても軍師黒田官兵衛が空を飛んでるようにみえてしまいますw。賛否両論の作品ですが、戦前の軍国主義を賛否した作品には思えません。たぶんこれ見て右傾化だー!という人はきっと頭の中がブサヨ脳だと思われますw健太郎を三浦春馬、久蔵の妻・松乃を井上真央が演じる。

スタッフ 監督 山崎貴
原作 百田尚樹
脚本 山崎貴/林民夫/音楽/佐藤直紀
キャスト 岡田准一/三浦春馬/井上真央/濱田岳/新井浩文



製作年 2013年/製作国 日本/配給 東宝/上映時間 144分
【ドラマ・映画ランキング】【acfun】【acfun】【FC2 Blog Ranking】